手・足・脇のご使用方法

サーリオ®の
ご使用にあたり

サーリオ®は、ドイツのサールマンメディカル社で開発された、
家庭でも医療現場でもご使用いただける最新のイオントフォレーシス。
クリニックに通わずに、ご自宅で手、足、脇、顔、首、額、お腹や
背中の多汗症(過度な発汗)のテラピーを安全に行なっていただける画期的な機器です。

サーリオ®手・足・脇セットに含まれるもの

  1. 制御装置
  2. トリートメントトレイ2枚
  3. 手足用シリコン電極 2枚
  4. フォームマット(青)2枚
  5. 電気ケーブル(白)2本
  6. 黒のアダプタ
  7. ユーザーマニュアル
  8. 脇用パッドと脇用電極

※ 手足用セットには脇用パッド、脇用電極は付きません

※ 脇用 アンダーアーム には手足用シリコン電極とトリートメントトレイ、フォームマットが付きません

ご使用前の注意点

貴金属を含む装飾品は×

トリートメントを始める前は装飾品(指輪や時計、ブレスレットなど)を必ず外してください。電流濃度によってはやけど(電気熱傷、跡など)につながる場合があります。

  • どんな小さな傷も電流から隔離するためにワセリンで覆われている必要があります。
  • 選択された電流の強さによって、ユーザーは治療中にうずく感覚や刺す感覚(不快感)を感じるかもしれません。
  • 器具は、ショートウェーブ、マイクロウェーブといった機器の近くでは動作しません。 2m以上はなれてご使用ください。
  • 屋内の湿気のない室内で使用してください。これ以外の環境でのご使用はお控えください 。
  • 顔汗専用のマスクは、金属製の歯の詰め物など、顔の部分に金属製の移植物がある方はご使用いただけません
  • こちらのページに記載していないその他注意点がございます。ご使用前は必ずユーザーマニュアルをお読みください!

以下の状況下の方はイオントフォレーシスをご使用いただけません

  • ペースメーカーを付けている方
  • ICD植込み型除細動器をご使用の方
  • 妊娠中の方
  • 金属を含む子宮内ペッサリーを付けている方
  • 金属製の移植物がある方
  • 金属製の歯の詰め物など、顔の部分にのみ金属製の移植物がある方は、手、足、脇の治療は行っていただけますが、顔用マスクはご使用いただけません。
  • ワセリンで覆うことができない大きな皮膚欠陥、傷がある方
  • 手足の感覚機能に欠陥がある方 (例:多発性神経障害)
  • 動悸(不整脈)を持った方
  • 発作混乱(てんかん)を持った方
  • 悪性疾患をもった方
  • 重症の局所炎症あるいは血栓症(凝血)の方
  • 厳しい血管障害を持った方
  • 痴呆症の方
  • お子様

セットアップ方法(手・足)

  1. 手・足の治療例治療トレイを平らで安定した場所にセットします。手だけの治療を行う場合は、両方のトレイをテーブルの上に並べて置きます。足だけの治療を行う場合は、両方のトレイを床の上に並べて置きます。 手と足を同時に治療する場合は、1 つのトレイをテーブルの上に置き、もう1つのトレイを床の上に置きます。

  2. 機器へのコード差し込み図黒の電極板にそれぞれ白色コードを差し込み、コードの反対側をコントローラ側面のメス端子E1とE2に接続します。接続する構成(例えば、右側の電極板をE1に、左側の電極板をE2に接続)は自由ですが、その後の治療もなるべく構成を変えないでください。 ※機器の設定例は「推奨される設定」をご覧ください。 手と足を同時に治療する場合は、1 つのトレイをテーブルの上に置き、もう1つのトレイを床の上に置きます。

  3. サーリオ・トレイセッティング図各トレイに黒の電極板を敷きます。 各電極板を丁寧に青のスポンジマットで覆います。

  4. 手の治療例青いスポンジマットに水が数mm かぶる程度まで、両方のトレイに水道水を入れます(目安:各トレイに0.8~1.0ℓ)。 その際、手足を水に浸した時に掌やかかとが完全に水内に収まり、指の側面が約3分の1 まで浸ると理想的な水位です。

    ぬるま湯を使うと毛穴が開きやすく、より気持ちよく治療を行うことができます。

セットアップ方法(脇)

  1. 脇の治療例脇下治療に使う「電極スポンジ」は、スポンジ製のポーチにシリコン製電極板 を入れて使います。 スポンジポーチを水でたっぷり塗らしてください。確実な 電流を確保するためにスポンジポーチは水が滴るほど濡れている必要があります。スポンジポーチ写真のようにコードを前方に向けて脇下に入れ、脇を閉じてポーチを軽く挟んでください。ほかの体の部分が濡れないために胸にタオルを巻くことをお勧めします。

    ぬるま湯を使うと毛穴が開きやすく、より気持ちよく治療を行うことができます。

  2. 機器へのコード差し込み図黒の電極板にそれぞれ白色コードを差し込み、コードの反対側をコントローラ側面のメス端子E1とE2に接続します。接続する構成(例えば、右側の電極板をE1に、左側の電極板をE2に接続)は自由ですが、その後の治療もなるべく構成を変えないでください。
    ※機器の設定例は「推奨される設定」をご覧ください。

推奨される設定

サーリオ機器の設定 水を入れたトレイに手足を入れる前 に、機器本体の側面にある主電源スイッチをオンにしてください。設定値が全てディスプレイに表示されます。<>のボタンを押すと、ディスプレイに青くハイライト表示されている設定項目を調節することができます。セットボタンを押すと次の行に進み、そこの設定項目を変更することができます。

時間[min:sec]の設定

時間の設定画面初めてのご使用では、時間も値も設定値が『1』になっています。その後、ご使用のたびに最新の設定値が保存され、次回起動する際に自動的に表示されます。まず、時間を分単位で設定します。(推奨される設定値については日本語使用説明書をご参照ください)

電流[mA]の設定

電流の設定画面最初は1mA~3mAで設定し、それから個人の感覚に合わせて値を上げていきます。その際は、皮膚に不快感や痛みをもたらすほど高い値は避けながら、少しだけピリピリと感じるぐらいまで上げていきます。値はmA (ミリアンペア)単位で表示されます。 感じ方や実際の身体抵抗値は個人のお客様によって大幅に異なりますので個人のお客様にあった値を見つけてください。(詳しくは日本語説明書をご参照ください)

電流の波形[パルス/直流]

電流波形の設定画面サーリオ®は、直流でもパルス電流でもご使用いただけます。直流は、切れ目のない「直線」記号で表示され、パルスは「点線」記号で表示されます(図示参照)。直流は経験上、パルスよりも効率が良い傾向があります。パルスは、直流ほど効率が高くありませんが、その反面、パルスは直流より大幅に少なく感じられ、より大きな数値でご使用いただけます。(詳しくは日本語説明書をご参照ください)

電流方向[E1/E2]

電流方向の設定画面効果が均等になるように、電流の方向を毎回切り替えることをお勧めします。方向の切り替えは、2つのパターンがあります。1つ目は、モード(E1 >> E2) と(E1 << E2)を手動で切り替える方法です。

電流方向AUTOの設定画面もう一つは、設定を(AUTO)モード にして方向を自動で切り替える方式です。設定された時間の半分が経過した時点で電流が自動的に減少し、電流の方向が切り替わり、再び設定値に戻ります。

ご使用の流れ

設定画面01

機器のパラメータ設定が完了すると、もしくは「セット」ボタンを1度押して以前の保存値が確定されると、ご使用の準備が完了します。手・足をトレイに入れると開始します(開始:短くピーと確認音)。電流が流れると「電気」 記号が点滅し、残時間表示がカウントダウンされます。

設定画面02

手足をトレイから離すと『一時停止』モードに切り替わります。電気記号の点滅が止まり、画面上の時間が点滅し、カウントダウンが一時停止します。一時停止モードが作動するとピーと確認音を発します。手足を戻すと再開します。

確認音が3回ピーと鳴ってセッション終了となります。終了になってから手足をトレイから離して電源を切ってください。

サーリオ機器とトレイ

ご使用の期間

通常、開始してから10~14日ほどで効果をご実感いただけます。
最初の段階で効果を実感できると第二段階に入ります。
電流が対象部位の両方に均等に行きわたるように、今度は電流の方向を毎回切り替えます。
セッションごとに手動で切り替えるか、もしくは自動切り替えモードに設定することができます。
目標とする効果が見られるまで、ご使用頻度と時間をそのまま維持してご使用を続けます。
第二段階には、約3~4週間を要します。この段階が終わると、今度は維持の段階に入ります。
維持の段階では、今まで得られた効果を維持するためにご使用の継続は必要ですが、頻度は通常、週1~2回で充分です。

※ こちらのページに記載していないその他事項がございます。ご使用前は必ず本体にお付けしている取扱説明書をよくお読みください。

おすすめ人気商品